何が必要で何ができるか

近年、日本は地震が増え、いつ大きな地震がくるか分かりません。 東京に住んでる方のお宅にも、被害があったと思います。 外壁や地盤、被害は例をあげれば数えきれないほどあります。 あなたのお宅にも、気が付かなくても被害があるかもしれませよ? まずは被害状況を把握し、そこからリフォームをしてみてはいかがですか?

いつまでも安心、安全な我が家

皆さんがリフォームしたいと思うときはいつですか?
子供が生まれたり、子供が独立したり、足腰が弱ったり、沢山ありますね。
けれど、一体いくらお金が必要でどこまでリフォームできるか分かりませんよね?
あなたが、本当にリフォームをしたいのか良く考えてください。
じゃないと、あっちもこっちもと大変な事になりかねません!

例えば体を壊したり、足腰が弱った事を想定して、廊下、階段、浴槽に手すりをつけたり、ドア枠をフラットにしたり、家から段差を取り除く、バリアフリー化をするか、今流行りの太陽光発電パネルをつけたり、経年劣化した外壁、屋根の修繕工事をしたり、やりたいことは沢山ありますね。
けど全部やったらとんでもない金額になります。
 
そんな時は自治体による補助制度を利用しましょう。
バリアフリーリフォームは障害者にて認定を受けた場合は、ほとんどの自治体での補助金が適用されます。

例えば各所に手すりの取り付け、段差の解消、畳からビニール素材への変更、開き戸から引き戸への取り換え、などかなりの補助金制度があります。

これからバリアフリーリフォームを考えているならこれを使う手はありません。
一応、補助制度を利用するための必要書類を書きます。本人名義の領収書、工事費内訳書、改修完了確認書、改修前の写真も必要です。

あなたも家も一緒に歳を重ねていきます。あなたも家も安心安全に過ごせるよう、10年、20年、30年後も考えてリフォームをしていきましょう!

一体いくらかかるの!?

リフォームをしたくたって、一体いくら位かかるのかわかりませんよね? 私も、調べるまでしりませんでした。 調べたらサイトによりきりで、実際はいくらなのか相場が掴みづらいです! ですが、分からないままではリフォームに、踏み切れません! なので、今回は私がとことん調べさてもらいました!

大事な家だから

お金がいくらなのか、家の仕上がりを決めるのも業者です! ですが、ありすぎてどこの業者が良いのか悩みますね。 だってゼネコンの業者に頼んでも、工事にくるのはゼネコンの下請け業者です。 それが嫌で、町の業者を選んでも口コミや噂なんてインターネットで調べても分かりづらい! なので、いい業者選びをご紹介いたします。